デロンギ マグニフィカS スマート ECAM25023SBレビュー エスプレッソコーヒーマシン

デロンギ マグニフィカS スマート ECAM25023SBレビュー エスプレッソコーヒーマシン

デロンギ直営店限定「マグニフィカS スマート 全自動コーヒーマシン」を購入しました。

7年ほど使用していた全自動エスプレッソマシンのマグニフィカS ECAM23120BNが壊れてしまったので同シリーズのものを購入しました。

使用感および使用方法は他のマグニフィカSシリーズと同じなのでマグニフィカSシリーズを購入する人の参考になれば幸いです。

目次

マグニフィカSシリーズのメリット(良いところ)

マグニフィカSシリーズのメリット(良いところ)

実際に使っていて感じたマグニフィカSスマートの良いところを紹介します。

操作がとってもかんたん

マグニフィカSシリーズは説明書不要なレベルで操作がかんたんです。

マグニフィカSスマートの場合は以下の4つのメニューのボタンが用意されていますが、ボタンを1回ポチッとするだけで抽出完了です。

  • エスプレッソ(1杯)
  • エスプレッソ(2杯)
  • スペシャリティーコーヒー
  • カフェジャポーネ

新しく追加されたスペシャリティーコーヒーモードは香り豊かな高級豆を飲むときに最適です。

豆の油分や風味を豊かに引き出してくれるので普通にドリップコーヒーを入れる必要もなくなりました。

私は粉から淹れることはないですが、豆じゃなくて粉用のトレーもあるので粉でプレゼントされたときなんかにも使えますよ。

美味しい豆の選び方は以下の記事を参考にしてみてください。

その他のボタンは「電源ボタン」「洗浄ボタン」「ミルクフロッサー」だけ。

あとは必要に応じて中心のダイヤルで豆の量を調整するくらいです。

超お手軽ですね。

自宅でカフェ以上に美味しいカプチーノが飲める

日本はドリップコーヒーが美味しいお店は多いですが、エスプレッソが美味しいお店が非常に少ないです。

コーヒーに力を入れているカフェや飲食店でも、使用しているのはミルクも全自動の泡立ったようながっかりカプチーノ/カフェラテばかり。

ラテ系は深入りのエスプレッソ用ブレンドばかりで美味しい豆を選ぶことも困難です。

ヨーロッパなんかはエスプレッソを飲む文化で小さなお店でもラマルゾッコなどの本格的なエスプレッソマシンが使用されており、多くのお店のエスプレッソが美味しい。
日本ではエスプレッソはあまり一般的ではないためハズレが多い。

しかし、マグニフィカSがあれば自宅でフェ以上に美味しいカプチーノを作って飲むことができます。

  • 自分で好きな豆を選択できる
  • 自分で好きなミルクを選択できる
  • 業務用マシンに負けないエスプレッソを抽出できる

100万とかするようなセミオートのガチ機械には負けますが、そこらのカフェで出てくるカプチーノよりも圧倒的に美味しいものが作れますよ。

アイスカフェラテも美味しい

ホットのカフェラテとカプチーノも大好きですが、アイスカフェラテも最高に美味しいです。

氷入りのグラスにエスプレッソを抽出してミルクを注ぐだけっていう超お手軽なのも魅力。

夏場なんかは氷たっぷりの水筒にエスプレッソを入れてミルクをいれて持ち運んでいます。

飲みたいときにすぐ飲める

私は水のようにコーヒーを飲むのでのどが渇いたらすぐに飲みたいので「すぐに抽出できる」というのも大事なポイントです。

マグニフィカSシリーズなら

  • 電源を入れてすぐに抽出可能
  • 豆は淹れるたびに挽いてくれるから超新鮮
  • 機械の電源は入れっぱなしでも大丈夫
  • つかうたびに機械のメンテナンスがいらない
  • ミルク系以外は洗い物がでない

このように「コーヒー淹れるのが面倒」と思う要素が無いのでちょっとした来客時でもすぐに美味しいコーヒーを淹れることができます。

お手軽かつ操作がかんたんなのでオフィスなど職場においておくのもおすすめです。

メンテナンスがとっても楽

デロンギのエスプレッソマシンの良いところはメンテナンスがとっても楽っていうところ。

  • 起動や終了のたびに内部を自動洗浄してくれる
  • 本格洗浄モードの使い方もかんたん、頻度も低め
  • コーヒーカスが綺麗に圧縮されていて綺麗に捨てられる
  • トレーはばらして食洗機で洗うことができる
  • 水は大容量かつ水の投入がかんたん

今回の新型マグニフィカS スマートにはウォーターフィルターが標準搭載されているのも嬉しいですね。

交換期間は2ヶ月ってことになっていますが、自宅の石灰量が少ない場合はもっと持ちますし、使わなくてもエスプレッソマシンは使えます。

ミルクトレーは不要な人は上位モデルの必要なし

上位モデルのプリマドンナクラスやディナミカにはミルクトレーが付属し、全自動でフォームミルクを注いでくれる機能が搭載されています。

しかし、味に拘る人にはマグニフィカSのがおすすめです。

  • 手動フォームミルクの方が美味しい
  • 手動フォームミルクだと綺麗に混ざる
  • 手動フォームミルクだとラテアートを描ける

たしかにミルクも全自動なのは楽ですが、結局ノズルなどは洗う必要があるのでミルクフロッサーとミルクピッチャーを使って自分でフォームミルクを作るのが私には合っていました。

場所を取らない

エスプレッソOK、ラテメニューOK、コーヒーOK、豆から抽出OKのオールインワンのコーヒーメーカーなのにサイズが非常にコンパクト。

狭いキッチンスペースでも十分に置き場所が確保できそうなのもポイント高め。トレーの容量も多めなので水場の近くでなくてもOK。

電源も一般的な100Vなので場所を問わずどこでも使用することができます。

マグニフィカSシリーズのデメリット(悪いところ)

大きなデメリットではありませんが、マグニフィカSスマートの少し気になる点をご紹介します。

ミルクフロッサーのパワーが少し弱い

家庭用の限界っていう感じですが、ウン十万するような業務用エスプレッソマシンなんかと比べると蒸気のパワーが弱めです。

また、簡単に泡立てられるようになっている二重のフロッサーのおかげで誰でもかんたんに泡立てられますが、きれいなラテアートを描くために必要なきめ細かいフォームミルクを作るのにはあまり向いていません。

ちなみに私は1つ目のフロッサーを外し、内側のフロッサーを固定して泡立てしています。外側のフロッサーは使ってません。

この方法だとピッチャー内でミルクの対流を描きやすくなります。

トレーの位置関係が少し悪い

トレーの位置関係が少し悪い

放っておいても洗浄用の水やフロッサーの水が下のトレーに流れていくので手間が軽減されるのはとても良いのですが、ノズルや抽出口の位置関係によってはトレーの穴に入らずにトレーの上が濡れてしまうことがあります。

パンチ箇所はもうちょっと広めにしておいてくれても良かったんじゃないかなぁとは思いました。

音が少しうるさい

エスプレッソマシンを起動したときの洗浄音と、抽出時のグラインダーの音がそれなりに大きいです。

私は深夜でもガンガンコーヒー飲むんで、壁が薄いマンションや同居人がいる場合は寝静まった夜だと音が気になるかもしれません。

とはいえ機械内部での音なので漏れる音はだいぶ軽減されているとは思います。

マグニフィカS スマートECAM25023SBを安く買うなら楽天直営がおすすめ

いろいろなメーカーのエスプレッソマシンを試しましたが、「手軽さ」と「味」を考えたらデロンギ一択です。

マグニフィカSスマートは約10万なので若干高く感じるかもしれませんが、毎日5杯以上飲む私にとっては格安に感じます。

スマートは直営店限定モデルなので直営サイトや店舗で購入する人が多いと思いますが、おすすめはデロンギ楽天市場店

デロンギ楽天市場店ならポイントがザクザク貯まる

普段から楽天を利用する人であればSPUのポイントも入るのでとてもお得です。

楽天マラソンのポイントも対象になるので楽天セール中に他のものと併せて買うのもおすすめです!

Amazonのデロンギストアでも購入可能

デロンギのECAM25023SBはAmazonの直営ストアでも購入できます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる