【LATTE GRAPHIC】メルボルンのコーヒーを追求した本格ラテ【町田店】

LATTE GRAPHIC

フレーバーやシロップなど余計なものをいれず、エスプレッソ・ミルク・バリスタの腕だけでシンプルな美味しさを追求するというメルボルンのコーヒーを提供している「LATTE GRAPHIC 町田店」に行ってきましたのでレビューします。

目次

はるばる南半球からやってきた、LATTE GRAPHIC

LATTE GRAPHIC外観

小田急町田駅から徒歩一分にあるLATTE GRAPHIC。町田駅を降りてすぐ、賑わった街中のビルの一角に、ラテアートをかたどったお店のマークとともに開いた扉がお出迎えしてくれます。

こちらでは、新しいスタイルのカフェドリンク、「フラットホワイト」をいただくことができます。

店舗の内観

二階へ上がると、LA MARZOCCOのエスプレッソマシン、広くゆったりとした店内が目の前に広がります。

賑わった街中とはまた違い、ゆったりとした時間が流れています。

席数は75席とかなりのキャパシティーがあり、隣との距離の確保もしっかり保たれていてゆっくり自分の時間を楽しめる設計作りになっているようです。

大きく広がったオープンスペースですが、ほかの席から見えづらくなっている場所に、一つだけ個室があり、商談などにも使えそうです。

ALLPRESS ESPRESSOのコーヒー豆を使用

オーストラリア、ニュージーランドへ行った経験のある方はピン!と来る方も多いのではないのでしょうか。オセアニア地域の老舗ロースター、「ALLPRESS ESPRESSO」の豆を使用しています。

こちらの豆は店内で販売もしております。

LATTE GRAPHICの特徴と魅力

LATTE GRAPHICではバリスタ教育プログラムがあり、バリスタとしての高い技術の水準を維持しているようです。

エスプレッソマシンは多くのバリスタから支持を集める、イタリア製のLA MARZOCCOを使用しています。

カウンターでも異才の存在感を放ち、白く引き締まったマシンが空間を彩っています。

フラットホワイトとは

フラットホワイト

冒頭にも登場したこのお店の看板、フラットホワイトとはなんなのか?

通常、エスプレッソにスチームミルクをのせたものをカフェラテと呼びます。

フラットホワイトも実は材料は同じです。ただ、カフェラテよりもミルクの分量が少なく、さらにスチームドミルクがよりきめ細かく、薄く乗せられています。

このため、よりエスプレッソの風味を感じられる味わいとなっています。

なめらかな口当たりで、キリッとしたエスプレッソに目が覚めるようです。

フラットホワイトとラミントン

今回オーダーしたのは、看板メニューのフラットホワイトと、オーストラリア発祥スイーツ、ラミントンです。

ラミントンはココナッツとホワイトチョコレートで作られたケーキです。彩りにエディブルフラワーがあしらわれており、目でも舌でも楽しめるスイーツでした。

今回はカフェ利用で訪れましたが、ブレックファストからディナーまで豊富なメニューが揃っております。

LATTE GRAPHICは最高の一杯を味わいつつ、様々なシーンで利用できるカフェ

LATTE GRAPHICは席数が多く、席の間隔も広く取られているためおちついて過ごすことのできるカフェです。

また、営業時間も8:30-23:30と長く、支払手段も豊富、Wi-Fi電源完備とノマドワークにも最適。

美味しいコーヒーを飲みつつ幅広いニーズに対応できるLATTE GRAPHIC、最高ですね。

厳選された「豆」「マシン」「バリスタ」により折りなされたフラットホワイト、是非体験してみませんか?

LATTE GRAPHIC 町田店 店舗情報

  • 住所:〒194-0013 東京都町田市原町田6-11-11
  • 電話番号:042-728-8015
  • 営業時間:OPEN 8:30   CLOSE 23:30
  • 定休日:1月1日(他年1回不定休有)
  • 支払方法:カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、電子マネー不可
  • Wi-Fi:有
  • 電源:有
  • 平均予算:昼:1000~2000円、夜:2000~3000円
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる